単身赴任の小学生

 小学2年の娘が

「たまちゃんが単身赴任になったら・・・」

と言う話をしているが、文脈がなんかおかしい。


よく聞いてみたら、「半身付随」と「単身赴任」を間違えて使っていた。

慰め

 仕事をしながら、私はyoutubeでオンライン教育の是非についての討論を聞いていた。


すると「学校にそもそも行ったところで意味があるのか」と発言した男性がいた。

横にいた娘が、「お母さんは、この話を自分を慰めるために聞いているの?それとも同意しているの?」と聞いてきた。


学校に行かない娘であるが、この問いかけができる読解力と語彙が養われているので、とりあえず学校へ行かなくてもうまく行っている。

ついでに、母親にこの質問ができる時点で、親子関係でも信頼関係が築けているんだなあと思う。


先日、娘が「私はお母さんを一番信頼している」と言っていた。

私は昔、母をあまり信用していなかったので、良かったなと思った。


しかし、私が仕事で忙しくなればなるほど、娘が大変である。

子供というのは育てやすい子と育てにくい子が本当にいるもんだ。

娘は本当に育てるのが大変で、私は疲れ始めている。

ハワイへ行きたい。

漫画あさりちゃん

 昭和の漫画 あさりちゃん に娘が熱中している。
















そして最近は

「にんげんはかんがえるあしってどう言うこと?」と聞いてきたり、

食事中に「生きとし生けるもの」とつぶやいたりし始めたが、

全部あさりちゃんの影響のようだ。

あさりちゃんで勉強中。


昨夜は、「あの『鳥』っていう映画があさりちゃんに出てきた!」と言う。

1、2年前、娘と見たヒッチコックの映画である。

あさりちゃん、人生の教科書になっている。


先日、1冊20円で45冊買ったのだ。

もう20巻くらい読んでいるようだ。


私も小学校4、5年生くらいの時にあさりちゃんを読んでいたが、分からないことは全部飛ばしていたし、読めない漢字も飛ばしていたので、私には教科書にはならなかった。

私は娘を密かに尊敬しているのだが、漫画の読み方もすごいぞ。

(すごく無いところもたくさんあるのだが、とりあえず私よりはすごい。比べる基準が自分しか無いので。)


しかし、あさりちゃんがそんなに素晴らしいのかといえば、今読むとルッキズムの問題などがいろいろあり、時々口うるさい私は口出しして解説している。

今のところは漫画もプラスに働いているが、多分数年したら「漫画ばっかり読んでいるんじゃない!」と怒るんだろうなあ、私。

と思っている。

【未公開映像!】ドラマ「僕の姉ちゃん」メイキング第5弾

水曜日25時から最終回のあるドラマ『僕の姉ちゃん』のメイキング映像が配信されました。 オープニングのメイキングも観られます。 おや、私が映っているぞ・・・