近所の肉屋

 近所に肉屋がある。

西の方では肉屋と言えば『豚肉・牛肉』を扱っており、かしわ屋で『鶏肉』が売っているのだ。

そして我が家からは、歩いて1分もしないところに、肉屋とかしわ屋があるのだ。


さて、歩いて10分の所には、都内のデパ地下にも惣菜などで出店している大きな肉屋がある。


先ほど私は、冷凍庫に凍らせていた豚の挽肉を解凍し、炒め、昼食のフォーにのせて食べた。


私はすごいぞ。

その挽肉が、スーパーの挽肉か、近くの肉屋か、はたまた徒歩10分の大きな肉屋の挽肉か。

食べたらすぐわかった。

美味しさが違う。


それは豚こまでも同じこと。

徒歩1分のお肉屋さん、本当に美味しいのだ。

挽肉ください、と頼めば、その場でミンチにしてくれる。

豚肉ください、と言えば、タイミングによってはその場でスライス。

挽肉も豚こまも、180円とスーパーの倍の値段なのだが、美味しさは明らかに倍以上である。

もう別物なのだ。


そして悩むのだ。

スーパーの豚こま400g買うか、隣の肉屋の挽肉を200g買うか。


いや待てよ、野菜。

野菜は自転車で1分の商店街に、市場が立つのでそこで安く買える。

白菜もキャベツも大根も、一つ100円だ。

その積み重ねで野菜の値段を抑え、肉に食費を回せるのではないか。

そして肉に関して言えば、私は美味しいものを知ってしまって後戻りが難しい。


もう、たとえ肉を食べる量が半分になろうとも、私は肉屋で肉を買うかもしれない。


もし私がすごく大金持ちになったら、週に2回は刺身を買う。

そして隣の肉屋で悩むことなく豚こまを買うであろう。フハハハハ


ちなみに、そこのお肉屋さんの坊ちゃんの1人と、我が娘は同じクラスである。

そしてお肉屋さん一家とは町内のメンバーとして顔見知りである。ハッハッハ


母系社会の少数民族モソ人

モソ人だ!