小さな家のローラ

 この本は、去年、鎌倉のギャラリーJohnで個展をした際に、ブックセレクターの方が私の人形と一緒に並べてくれた本のひとつ。とても素敵だったので、購入したきり「娘が読めそうなタイミングで出す本の段ボール」にしまってありました。

素敵な本は買っておかないと、忘れてしまうから。『大草原の小さな家』の原作です。


娘が夏休みに入り、二人で毎日1本映画を見ています。

そして絵本。夏休みなので、落ち着いて本も読めるかなあ〜とのことで、この本を数日前から読み始めているのですが、本当に挿絵が素晴らしい。

ただただかわいいのだ!!

これはローラとメアリーが豚の膀胱に空気を入れて風船にして遊んでいるところ。
豚の尻尾はじっくり焼いて、皮を剥いで食べるとすごく美味しいそうな。


こんなふうに、鉄砲の詳しい解説なども、私たちが普通に暮らしていると接点の無さそうなお話が、とても丁寧に描かれています。



こんな素敵な絵が盛り沢山!
265ページまであるのですが、全てのページに絵があります。

すごい。安野さん凄すぎます。
全部刺繍にしたいと思うほどだ。素敵すぎて唸り声をあげそうだ。こんなにたくさんの絵、よく描くなあ・・・と脱帽。
これで1900円です。宝物が1900円。
久々に、娘の本で「娘が大きくなっても手放さない絵本」に出会いました。


そしてこの長〜い本を、せっせと読んでいる私って、本当に素晴らしい母親だなあ〜
と自分を褒めることでモチベーションを上げる。
自分は大変だけれど、きっと良い子育てだと思う場面では、とにかく自分がいかに良い母親かを考える。その満足感や自己肯定感が私への天からの支払いだ。

そして私は自分を褒め続けて絵本を読み聞かせ続けているが、その甲斐あって娘の物語への執着は凄まじいものになっているぞ。

しかも活きのいいシナプス!

昨夜読んだ本は、半年前に一度読んだきりの本。
ロシアの魔女の物語『バーバヤガー』なる本である。(毎夜、小さな家のローラは一章か二章、それに加えて別の絵本も読んでいる。いい母親だ。)

読み聞かせた私は、ほぼ全く内容を覚えていなかったのに、娘は「ああ、これは、ハリネズミが実は王子様でさ、」とまるまる覚えている。
私の記憶力が悪すぎるのか?

しかし私の特技は、『考え事をしながら絵本を読み聞かせできる』ことなので、その時も考え事していたのかも。私の別名は『自動本読み機』にしよう。

ローラはちゃんと私も物語に没頭して読もう、と思うのだが、やっぱりふと「パッタイが食べたい」とか考えちゃうんだな。

娘は娘で、自力で本を読むことは滅多にないのだが、先日図書館で借りたセーラームーンの本に関しては珍しく食い入るように見ていた。文字通り、本に穴が空くのではないかと思う眼差しだった。



そうそう、今日、娘と見た映画は、台湾のアニメーション。

台湾のアニメーションなんて初めてでした。
とても面白かった。

おもひでぽろぽろに近い構成で、ああ、現代の台湾なんだな、と。

台湾、一度行ったことがありますが、本当に素敵な場所でした。

また行きたいなあ。小籠包食べたい。