汚染される

先月、 娘と一緒にスーパーの子供服売り場へ行った。大型の子供服の量販店である。

ワンピースを1着買うことになったのだが、娘の執念がすごい。

時間をかけて全てのワンピースを隈なくチェックして、3着候補を絞った。


そして「お母さん、どれが好き?」と聞くのだ。

なので「これ」と指さしたら「そうか、でもたまちゃんはこっちかな」と別ので決める。

もう自分の中で決まっていたようだ。でもそのワンピースがカラフルすぎて落ち着かない。

「それ〜?ちょっとガチャガチャしてない?」と言うと、

「お母さんが着るわけじゃないから、いいでしょ」と言い放った。

そうなんだよな。



学校に行くのがなかなか難しい娘であるが、昨夜、娘は布団の中で

「ああ、学校のことを考えると、心が黒く汚染される」と呟いていた。

汚染か。

すごい言葉だ。




母系社会の少数民族モソ人

モソ人だ!