靴下が行方不明

 今朝、服の入っている引き出しに、こんな紙が貼ってあった。



さがしています。みつけたら0128・・・・

のでんわばんごーにでんわしてください


どうやら、ピンクの靴下が片っぽ行方不明のようだ。


その上に、ツチノコの絵が描いているので、ツチノコを探しているのか?と思ったら違った。




娘はひらがなや数字を勝手に読むようになって勝手に書くようになったが、鏡文字がいくつもある。

この時期は、既に正しく文字を書く子もいれば、興味もない子もいて、それはその後の人生には全く関係ないと思うのである。

しかし字も絵も、興味があるだけですげえじゃん!と思うのだが、本人にとっては違うらしい。


先日、数人の大人の前で、絵と自分の名前を書く機会があったが、固まってしまって大好きな絵すら描かない。


変だなあ、と5分して聞いてみたら、「たまちゃん、鏡文字しか書けない・・・」と名前すら書こうとしないのだ。

「え?鏡文字でもなんでもいーじゃん!」と説得したがダメで、結局『お手本』という名の私の下手な字を見ながら名前を書いていた。(ただ、偶然ではあるが、娘は自分の名前に関しては全て鏡文字ではないのだが・・・)


いつも好きで字も絵も自由に家では書くのに、なんとなく「評価される場所」かもと思った時点でフリーズするのである。

実際は、自分だけの卒園アルバムの表紙を描く場面で、評価もなにもなく、なんでもいいものなのに。


そして初めて知った娘の特徴。「プライドが高い」である。

その他の特徴には「超欲ばり」「超食いしん坊」とかがあるが、それは私の遺伝だ。