空気を読まない

 寝ている娘があまりにも可愛いので、私はいつも、娘の表面の頭の先から爪先を取り巻く、もっとも娘に接している部分の空気になりたいと思うのである。


そんな可愛い娘の下瞼に、腫れ物ができた。

上目遣いにならない限りわからないような、小さな。


普通のものもらいと様子が違う。


大きな病気だったらどうしよう・・・

と土曜日の夜中から不安になった。

月曜日、満を持して眼科へ。


ものもらいの一種、霰粒腫(サンリュウシュ)なるできものであった。


その夜のことである。「自分にこんなのできても、気づきもしないや。化粧もしないし鏡も見ないし〜」と無法地帯の自分の顔を、久々に鏡で見た。

できている。娘と同じ右目の下瞼に、同じ出来物がっっっ!!!!

自分の目だと眼科に行くのも面倒なので、市販で目薬を買ったが、娘がお医者で処方してもらったステロイド系は市販では売っていないようだ。(ありがたいことに、横浜市では子供の医療費が無料!!)



さて、娘は本当に可愛いのだが、目薬を嫌がる。

毎日3回点さねばならないのに、一度点すのに20分。

「怖い気がする」「痛い気がする」「しみる気がする」と。

せっかちな私は腹が立った。本当に腹が立つ。麻酔銃で眠らせて目薬を点したいくらいである。


そして「あと10秒以内にささないなら絵本も無しだ!もう知らんわ!!」と娘と喧嘩別れをした。

それ以降、娘が「お父さんに目薬をさしてもらうと痛くない。お母さんがやると痛い」と言い出し、私を拒絶するようになったのだ。



ちなみに、私が「絵本は無し!」と言い放った夜。

娘は『学校の怪談』の本を1人で開いて目次を読みながら「ああ、たまちゃんは早くスラスラ自分で本を読めるようになりたいよ」と言いながら、拗ねていた。

かわいそうで結局『学校の怪談』を読んであげた。


しかし私はその日、娘の周りの空気には、なりたいと思わなかった。

卵のなる木

 

気がついたら、卵が木になっていた。

工作好きの子供が家庭にいると、こういう事態がよくある。
顔付き。

それはフィクション

 久しぶりに、小説を読んでいる。読みたいな、と思いつづけた本を、まとめて3冊買った。


寝る前に布団に入って読んでいると、娘が「それ、読んで」と言う。

私が本を読んでいると、いつもそういうので、私の読んでいる部分を音読してあげると、ふむふむと黙って聞いている。


そして一言。

「それって、フィクション?」。

「そうだよ、小説で、フィクションだよ」と説明すると

「大人の本にも、フィクションがあるんだ・・・」とびっくりしている。


そうなのだ。私があまりにもフィクションを読んでいなかったので、娘は大人がフィクションを読むことにびっくりしたのだ。


ちなみに3冊のうち、ダントツのトップだったこの本。


ナイジェリア人のチママンダ・ンゴズィ・アディーチェ著。
短編小説集なのですが、この作家は本当にすごいです。
圧倒的な知性とセンス、物凄く深くて大きい。
本当に、こんなすごい小説は何十年ぶりだろうかという感じ。

さて、この作家の長編も読みたいなと思っているのですが、サンタが持ってきてくれないかなあ。



お絵かき工作

娘は家にいる限り、絵を描いているか、工作をしている。

我が家の冷蔵庫は赤色なのだが、
先日は娘が8cm角の赤色の折り紙で『冷蔵庫』を作っていた。

青い丸はマグネットらしい。

開くとこんな感じ。


中身は彼女の想像と、冷蔵庫のものを一つずつテーブルに出しての写生である。
これには数日かかっていた。
全ての品物について、娘はちゃんと説明してくれるのである。

チーズ、ワイン、生ハム、と私の空想のリクエストを聞きつつ、
実際のサンマ、ニンニク、卵、ピータン、ケチャップ、マヨネーズ、生肉・・・

私はピータンが大好きである。
スライスして水にさらした玉ねぎを絞って、その上にピータン。
鰹節をかけて、オリーブオイルと醤油をかけるのが一番美味しい食べ方である。
(豆腐を入れてもOK)

さて、今朝はこのブローチを私の胸に付けてくれた。

夕方、保育園のお迎えの際に外していると文句を言われるので、一日中付けておいた。

趣味があって良いなあ。娘が羨ましい。

コロッケ

 私は、夢の中で漫画を読むとか、本を読むことがあって、その内容は無意識に自分んで考えているようだが、それがとても面白いのだ。


先日は夢の中でテレビドラマを見ていたら、ものマネ芸人のコロッケが出てきて、すごく面白い芸をする。

夢の中の私はあまりのおかしさに笑いが止まらず、笑いすぎて目が覚めた。

しかし興奮して眠れなくなり、居間で本を読み、再び眠くなったので布団に戻る。


布団に入ると隣で寝ている娘が「あははは」と寝笑いをするので、ああ、娘も面白い夢を見ているんだな、と

思ったら、隣で寝ているしげるさんまでも「フフフフ」と笑いはじめた。

『妖怪枕返し』の性格のいい奴が、我が家には住んでいるのかもしれない。


ふるさと

 娘が、『ふるさと』という言葉に執着している。

よく『ふるさと』について話すので聞いてみた。

「たまちゃんのふるさとは、どこなの?」

すると「お母さんのお腹の中だよ」との返事。


そうか。娘のふるさとは私なのか。

【未公開映像!】ドラマ「僕の姉ちゃん」メイキング第5弾

水曜日25時から最終回のあるドラマ『僕の姉ちゃん』のメイキング映像が配信されました。 オープニングのメイキングも観られます。 おや、私が映っているぞ・・・