ミイラは誰のもの

ミイラ展が上野であるのだ。

前売り券を買おう、と思っていたら、もう始まっている。


娘に「ミイラ展があるから、観に行こう!」と誘ったら

「ミイラって、誰かが売ったり買ったりしているの?」とのこと。


そうだよな・・・と思ってると

「つまり、人の死体を、売ったり買ったりしているの?誰が?」

と聞いて来る。


うーん・・・
「ミイラとかは、たとえばイギリス人がエジプトにあったものを奪ったりして、それでそのイギリス人が、」と私もよく分からないけれど、そんな事を一生懸命説明していたら、

「人を売ったりして、それは奴隷みたいだね」と娘。


娘の論点は、人の身体の売り買いについていであった。ミイラ目線で物事を考えているのだ。

そんな視点は私には無かった。

私は密かに娘を尊敬しながら育てているのだが、また一つ尊敬してしまった。

単身赴任の小学生

 小学2年の娘が 「たまちゃんが単身赴任になったら・・・」 と言う話をしているが、文脈がなんかおかしい。 よく聞いてみたら、「半身付随」と「単身赴任」を間違えて使っていた。