それは忘却

娘は空想で新しい妖怪の話をする。

先日は「お母さん、しおり妖怪って知ってる?」と聞いてきた。

「しおり妖怪がね、本に挟まると、人間がその本の事を全部忘れちゃって、
『あ、新しいお話だ!』って何度も新しい本だと思って読めるの」


そうか、娘も初めて読むお話の刺激が好きなのか。



しかし娘よ、

大人になると、皆その妖怪とは友達なんだ。


これは厚紙だ


私の仕事は変わっています。
そして突然ある、変化球な依頼に対応する事が大変です。


しかし私は、この人生において『何かに一瞬ハマる』というのを繰り返しているせいか、ハンドクラフト系の大体の分野を『一度やった事がある』のである。

さて、先日依頼があった仕事。
厚紙が必要じゃん!と思ったら、6年程前に箱作りにハマって買っていた分厚い厚紙があった。
ふふふ。ここら辺の文房具屋では売ってなくてよ!


学生時代から色々なことをやりつつ、全て何も身に付かなかったのですが、当時母に「なんでこんなに無駄な事をしているんだろう」と話した所、「そのうち何かに役立つよ、まあ楽しいならいいじゃん」と言われ、信じていなかったが、確かに色々役に立っている。

年長者の言う事は絶対ではないけれど、若い人よりものが分かっている。本当に。

娘はすごいんだぞ

私の娘はなかなか凄い。迫力が凄い。

ここ半年は、随分と育て易くなったが、先週、久々に来た。

何が来たかと言うと、『泣き叫び続ける事50分コース』。

久々の巨大爆弾であった。

大人が何をしても無駄である。
なだめながら、嵐が過ぎるのを待つのである。

ご近所に通報されるのでは、と思う程である。


休日の夕方、娘は眠たくなって寝たのだが、起きたのが18時頃。

遅い時間に昼寝から目覚めると、娘の機嫌がいつも大変であるが、先日は久々に本当に大変であった。



さて、娘は今寝ている。

私は書類仕事等が全て終わらせられたので、有り難い昼寝である。

只今の時刻は17:00。




今夜は 泣くと 思います。

という中島みゆきの曲の歌詞があったな。

ヒヒヒ




絵本の問題

ブックオフで100円に値下がりしていた、綺麗なこの本。

先日、娘に渡しまして、昨夜読みました。



恥ずかしながら、私は子鹿物語を読んだ事が無かった。

そしてどういう話かも知らなかった。


この本は、幼児向けに随分と短縮されているので、読んでいて文学的素晴らしさが全然わからなかったが、娘は楽しんでいたようだ。
(しかし私は、主人公が泣く泣く鹿を撃ち殺すシーンで、読み聞かせながら泣いた)

ただ、全部読む気がなかったのだが読め読めと娘に促され、読み終えて時計を見たら50分弱かかっていた。

空気が乾燥しているので、声を出し続けて喉が痛んだが、私は人間ができていないので「私って、良い母親だなあ」と思う事で満足感を得るのである。


さて、短縮された本で、大人にとっては『なんだかなあ、、』という内容でも、子供にとっては違うらしい。
ちゃんと、壮大な物語として頭の中に描かれているようだ。

私自身も記憶があるが、幼児期に読んだ、素晴らしい壮大な物語を、大人になって読み返したら「なんじゃ、このちんけな話!」という事件。

子供の脳みそはすごいな。


それにしても、あと2年もしたら、子鹿物語の短縮していないオリジナル板を読み聞かせられるかなと思ったので、楽しみです。


翻ってこちら。

ご実家の整理をなさっている50代の方に頂きまして、「娘さんの本かなあ」と思っていたのですが、昭和44年の本であった。
ご本人の物でした。サインもありました。でも読んだ形跡はありませんでした。


年代物でシミだらけだけれどそんなの気にしません。

ジュディガーランド主演のオズの魔法使いの映画は、娘と何度も見ているので内容を知っているのと、この本の文章は分かり易くてとても良い。

それにしても、この本のシリーズ。私も幼少期に読んでいた気がする。


さて、これまた先日、ブックオフに本を売りに行き、またミイラ取りがミイラになった。
私が小学生の頃大好きだった本が、リニューアルして出版されている。
それもセールで100円になっていた。

鬼太郎好きな娘が、もう少し大きくなったら絶対読むだろうと数冊シリーズで購入。

娘に見つかった。

読め読めとしつこいので、読んだら娘が夢中になった。
しかし、トイレの花子さんネタはやめておかないと。
保育園でトイレに行けなくなったら大変である。



あんまさん

娘が会話の中で
「あんまさんがさ、海でさ・・・」
と意味の分からない話をし出すのでじっくり聞いてみると、『海女さん』と『あんまさん』を間違えているようだった。



昨日、よく遊んでくれる向かいの3年生のお姉さんYちゃんから、使わなくなったというキックボードを頂いた。

本日はそれに乗って公園へ。

落ちていた椿の花びらを夢中になって拾って、キックボードのカゴの中へ。
「Yちゃんへの仕返しに!」とブツブツ独り言を呟いている。

よくよく聞いてみると、『仕返し』と『お返し』を間違っているようだ。


親戚か

今朝の娘が

「最近、鼻裂けじいさんの本、読んでないねえ」

という。

鼻裂け?
と思ったら、『花咲か爺さん』であった。


確かに動詞の活用としては間違っていない。

むしろ幼児にとっては『花咲け!じいさん』の方が『花咲か爺さん』よりもしっくりくるのだろう。


しかし『口裂け女』の親戚みたいだから、やはり『鼻裂けじいさん』はちょっと嫌だな。

モンク

今朝の娘が言った。

娘「お母さん、物が欲しい時は、すべてお金でないと買えないの?」

私「うーん。ずっと昔の大昔は、お金は無かったんだよ」

娘「え?」

私「ブツブツ交換と言ってね、例えば畑で大根を・・・・」

娘「それって、文句を言って交換するっていうこと?」




ブツブツ文句を言いながら交換すると思ったようだ。斬新だ。





壁紙を張り替える

お世話になっている方に頼まれて、お部屋のリフォームをいたしました。


もともとのこのお部屋。
壁紙を相談し、ペンキの色をご相談。

予算や好みで、決まった壁紙はこちら。
この壁紙、柄合わせはありますが、まあなんとかできます。

実は私の特技は壁紙貼りなのです。


ピンクに塗りたいという希望もありまして、ペンキも吟味。
この色に決定しました。

クローゼットの中もピンクに!ということで塗ったり。
あまった壁紙を少し貼ったり。


数日空けてから作業に入ったら、いつの間にかカーテンを買われていた様です。

これから入るカーペットは紺色。
楽しみです。

ついでに、
「時計が壊れたが、近所の時計屋が店じまいをしてしまい、時計を直す宛てが無い。
捨てるしか無いのか・・・・」
と悩んでいたので、私が時計本体を付け替えました。
時計のお直しもできます。

ついでに、CDプレイヤーも直して来ました。




どうですか、一家に一台、わたし。

子守り、家庭料理および、縫い物もできます。

母系社会の少数民族モソ人

モソ人だ!