へびではない。ボビンの収納である。


これが何かと言いますと、ミシンのボビンである。

アトリエ引っ越しに伴い、ボビンをどうにかしたかった。

ネットで調べたら、こんな方法で片付けている先人の知恵を発見!

すごい。すごいぞ。ホームセンターでホースを買って来て、切っただけ。フフフ

ドンシャーリー

既に亡くなっておりますが、ドンシャーリーというピアニストがおりまして、彼の弾くゴスペルの曲が本当に素晴らしいのです。


しかし私が語りたいのはダンシャリについてです。



アトリエを借りるにあたり、家のミシン部屋の整理が始まり、本やCDやレコードを処分し始めました。

さて、スマホアプリのメルカリなるフリーマーケットアプリをやってみたが、私の性格には全く合わず。
しかし、本数冊を売り5千円程度になった。
根気よくやれば、一番高く売れそうだ。

しかし、これは性格に向き不向きがある。

明日しか見ていない私には不向きであった。



従って、昨日整理したCDとレコードをどこで売れば一番高く売れるのか。

どうやらディスクユニオンが取りに来てくれるらしい。



アトリエに持って行って、仕事中にアトリエまで取りに来てもらおう〜と思ったのです。



整理をしていたら、ずっと無いなあと探していたCDも、ちゃんとありました。

父に貸したきり帰ってこないと思っていたCD数枚も、ちゃんと数枚ありました。
父よ、あらぬ嫌疑をかけいていて悪かった。


さて、CDラックの整理をしていると、「これは聴かないだろうが、売るのもなあ」と思うのが大御所の名作と言われる奴らで、そいつらが結構たくさんある。

しかし、きりがないから絶対に聴かないであろうジャズフュージョン系は全部バッサリ処分することにした。


娘が大きくなって「おかあさん、ハービーハンコックのCDある?」とか聴かれた時に「ああ、20年前に売ってしまったよ」となりたくないと思うのだが、ハービーは売る事にした。だって私が聴かないだろうから。

しかしなんだか、私はジャズが好きそうな感じに書いてしまったがジャズがそんなに好きな訳ではないのだ。
そんなに好きな訳ではないから売れるのだ。



それにしても、「このCDなに?」というCDも10枚くらいあって、あれは不思議だ。

内容も想像がつかず、私が絶対に買わないようなジャケットなのだ。

しげる氏に聴いても知らないと言うし。


それから学生時代のバイト先の先輩がやっていたバンドのCDが出て来た。
聞かないし、売れないという切なさ。

しかしその先輩の顔を覚えてもいないので、これは申し訳ないが処分させてもらう。

森進一とのランデヴー

今朝の夢は、森進一と私が成田空港のカフェで、朝にコーヒーを飲んでいる所をパパラッチされて週刊誌に載るというものであった。

言い訳をしますと、森さんと私の他に3人の人物と一緒にハワイへ行く予定だったのですが、最初に集まったのが私と森さんだったのです。



今年の初夢は、裸足で鳥のフンを踏むというもの。
あの感触は今でも忘れられない。


アトリエをオープンします



今年に入りまして、友人と共同アトリエを借りることにいたしました。

横浜市青葉区にて。


壁紙を剥がしたり諦めたり、壁に色を塗ったり。私はこの手の作業は好きで、実家のリフォームなどひとりでやっていたので得意です。
そして友人もフランス帰りとあって、ペンキの調合もお手の物、楽しく作業をいたしました。

先に私が引っ越しまして、今日、タイル作家の友人の引っ越しを行いました。
タイルを焼く窯が重い。

私のミシンも重かった。

まあ、大変だったのはしげるさんです。ありがとう、しげるさん。


奥に小部屋もございますのよ。


作業中、通りがかりの方々に「何のお店になるの?」と度々聞いて頂きました。

人形とタイルのお店です。と言ってもなかなか伝わらないですねえ。


韻降る

娘のインフルエンザは何とか私及びしげるさんに感染せず。

久々に保育園へ行くと、皆さん家族で仲良く感染したりで大変な話を聞きました。



さて、38〜39度で二日間苦しんだ娘。
処方されたタミフルは、前に怖いニュースを見ていたので娘に飲ませるのに少しドキドキしました。

熱のせいかタミフルのせいかわからんが、悪夢を度々見たようで、泣きながら「そこを閉めて!閉めて〜!」とわめいたりがありました。



さて、39度台では布団から起きられず、熱冷ましの薬を飲んでも38度。
しかし娘はすごい。

38度の熱がありながら、衣装ケースへ這って行き、「こ・・・このワンピースに、このシャツを着る・・・」と言いながらフラフラと着替える。


服への執着心が尋常じゃない。


保育園へ行く際、園では活動的な服を着なくてはならないので、毎朝好きなスカートを着て登園、園に着いたらズボンに着替え、帰る時にまたスカートに着替えるという面倒さ。

最近のブームは、前に海で買ったビキニを、逆さにしてシャツの上に着るというもの。
保育園もこれで行くのだ。
帰りもこれで帰るのだ。
これの上にコートを着るから、まあどうでも良いかと思う私。
しかし、短めのコートの裾からビキニのヒモが二本、タラリと垂れているから、道行く人が時々娘のお腹周りを凝視している。

時々、ビキニのヒモにぬいぐるみを結びつけて抱っこバンドにしたりもしている。



たぶん、娘は変人だと思う。

インフルエンザ

今まで私はインフルエンザに罹った事が無く、娘も同じく。

私は何故か、「自分及び娘はインフルエンザに罹らない」と思っていた。


が、娘が罹患。娘は年に一度も熱を出さないのに。


3連休初日に9度を超え、3連休が6連休になった。

仕事ができない。

布団の中の娘は、うなされながら私の耳を触り続けるので、放っておく事もできず、
仕方ないので読みたかった小説を娘の隣で読んでいた。


今の所、私には感染していないようだが、明日はどうなる事やら。

怖いよ。


娘は昨日から平熱にもどりましたが、やはり気持ちが少し変で、まあ大事にしているのです。


実家の母に用事があったので電話し、娘のインフルエンザを伝えた所
「あんたはもう感染しているだろうね。あんなにチューばっかりしているから」
と予言されたがフフフ、マスクをして必死に耐えているのだ。

トイレの神様

最近、娘が私の髪の毛の匂いをよく嗅ぐのである。

そして「いいにおい」という。


私が風邪を引いて髪を洗わない日が数日あった頃は
「お母さんの髪、全然洗ってないのにいい匂い」と外で大きい声で言われた。



昨夜、娘はまた私の髪の匂いを嗅いで
「お母さんの髪の毛、全部引っこ抜いてトイレに飾りたいくらい、いい匂い!」
とシュールな事を言われた。

ついに私の髪の毛は芳香剤になるらしい。

寒中お見舞い申し上げます

本年もよろしくお願いいたします。


さて、私はお正月を挟んで2週間、エジプトはカイロへ滞在しておりました。

初めてのエジプト。
ピラミッドのすぐ側に大きな道路があり、ビックリしました。




というのは真っ赤なウソである。


正月はジャパンである。

しかし、ファラオの呪いは本当にあったと知った、この正月。


20年程前の、新品のエジプト製Tシャツが、しげるさんのご実家で発見された。
襟元にツタンカーメンやピラミッドが刺繍されていた。

恐らく、エジプト土産であろう。


着ようと思い、もらった。

家に持って帰った。

洗濯機で洗った。



粉々になった。

ファラオの呪いだ。
繊維がこのような状態になる事が人間の理解を超えている。
すなわち、ファラオの呪い以外に考えられない。




さて、大根は家にまだあるのだが、近所の無人販売に売っていたこれ。
我が家には小さな子供がいるので、買わない手は無い。

これが教育の本質である。
たぶん。

母系社会の少数民族モソ人

モソ人だ!