姫が止まらない

我が家では、娘にお姫様の出てくる映画を見せた事がありません。

(ディズニーの映画は、ピーターパン、アリス、バンビ、ピノキオは見せています)



しかし保育園での情報をもとに、今の娘の頭の中はプリンセス一色。

歯ブラシにもディズニープリンセスの描いてあるヤツにこだわります。


朝起きると『お姫様っぽい』服を着て、保育園へ行く前に活動的な服に着替える。

靴も、お姫様っぽくなければならないのだ。


帰宅後のお風呂の後は、『お姫様っぽい』服を着て、寝る直前にパジャマに着替える。

そのパジャマもリボンが付いたりしていないとダメなので、こちらも必死に洗濯をしている。



食後は歯磨き後、布団の上で本を読むのだが、いつまでも歯を磨かず、アクセサリーをジャラジャラ付けて姫になりきっている。

そのくせ、本の時間はいつもと同じだけを要求するので、寝る時間が遅くなっている。



どう見ても『こけし』な娘なのだがしかし、娘の目には鏡の中にいる自分がフランス人形に見えているらしい。


我が家は本当に有り難い事に、おしゃれな服のお下がりを頂いているので、可愛い服がたくさんあるのだ。



私はプリンセスがあまり好きではないので、受け入れ難かったのだが、最近できた友人の言葉が私を変えた。

友人は、色んな国に住んでいたのだが、2、3歳の娘を連れていた時は、ブラジルのバイーアという場所に住んでいた。

「バイーアではアメリカのメディアと接する事も無かったけれど、娘は誰かが着ているプリンセスのTシャツに執着した。どんな僻地に住んでも、娘の姫は止められないよ。」

もう私は、娘の姫を全て受け入れる事にした。


そして娘に聞いてみた。
「お母さんがドレスを作ってあげるよ、どんなのが良い?」

すると娘、「お嫁さんが着るドレス!」

マジか・・・

私はおもむろに、友人Rの結婚式の写真(白無垢)を見せて「これ?」と聞いてみたが、和服ではないらしい。ウェディングドレスらしい。

なんだかなあ。なんの意味も無いのだろうけど、このご時世にウェディングドレスに憧れるってどうなのよ・・・とやはりモヤモヤした気持ちになってしまう。



女の子のドレスのパターンの本でも買うかな。

とびきり姫ドレスを作ってやれば気が済むのかな。

一過性のものではあるとわかっているのだ。

大体8歳になると、皆、姫期の自分が恥ずかしくなるらしい。

図鑑

娘は最近図鑑が好きで、絵本というより図鑑ばかり読んでもらいたがる。


それにしても、親としては図鑑を読むのは大変なのである。


長いし、全部説明なのだ。



本当に、図鑑をせっせと買い集めた過去の自分が憎いくらいだ。

小石について

娘が「うちは貧乏だから、小石を集めて売って、お金を稼ぐんだよ」とせっせと小石を拾っていた事について。

どうしてそんな経済システムを理解しているんだ?しかも貧乏なんていう単語を用いて・・・

と疑問がありましたが謎が解けた。



今まで娘に読み聞かせた絵本の中に、「主人公は貧乏で、森で小枝を拾って売って暮らしていました」という描写が何度か出て来ていた。


日本の昔話ではしば刈りへ行きますが、それは売るためではなく自分で使うため。


ヨーロッパの昔話と、チベットの昔話に薪拾いをして売っている描写が出て来た事は覚えている。




最近の娘は「意味ってどういう意味?」という難しい事をニタニタしながら聞いてくる。

私としげるさんは辞書で調べた。

娘のお陰で少しは賢くなった気がする。

無能の人

つげ義春の漫画『石を売る』についてである。

主人公の男が、貧乏だがプライドが高く、お金を稼ぐ手段として選んだのが『川原で良さげな石を拾って売る』というもの。

当然売れる訳もなく、貧乏は加速して行くのだ。




しげるさんも私もつげ義春が好きであるが、ついに娘がつげ的精神を持っている事が明らかになった。


保育園へ娘を迎えに行くと、園庭の砂場でせっせと小石をオモチャのバケツに集めている。

「たまちゃん、何しているの?」と聞いてみたら、

「うちは貧乏だから、小石を集めて売って、お金を稼ぐんだよ」

と言うではないか。





そういえば以前、「お母さん、お話しして〜!」と車の中で娘がねだるので、『ねじ式』というつげさんの代表作の漫画のあらすじを話してやったら喜んでいた。

娘もつげ的なものが好きなのかもしれない。


しかしつげ漫画は、小学生になってから、だな。




ちなみに娘は「ウチは貧乏?」と時々聞いてくるが、私はそれを毎回きっぱりと否定している。

顕微鏡

娘が顕微鏡を欲しがっている。



3年後も変わらず欲しがっていたら、検討したいと思う。

しかし安い顕微鏡(5千円とか)はやはり壊れやすいらしい。


どこかで中古の顕微鏡を手に入れる術はないのか。

リサイクルショップでも見た事がないしなあ。

あと三年間目を光らせていれば、どこかに落ちているかもしれない。



娘に一昨年買ったお子様キッチン(中古で)への興味も薄れたので、保育園のリサイクルに出したいのだが、娘は「飽きたけど手放したく無い」という気持ちのようだ。

他のオモチャも増えたので、物を減らしたいのである。

今朝の話

私が娘に「たまちゃん、昨日は色々とありがとうね」と言いましたら、
「お母さんこそ、いろいろありがとう」と返して来た。


ひょっとして娘は3歳ではなく30歳なのではないかと思った。



私の右膝の関節が痛む。

関節の痛みなんていうものは、体重の重い人か、もしくは年をとった人のものだと思っていた。

ショックだ。


関節の痛みって、本当に怖いものだ。
負荷をかけると悪化するのではないかと思い、しばらく自転車通園はお休み。

たぶん、16キロの寝た子供を担いで30分歩いたり、そういうことの積み重ねが関節に来た
のだと思う。

ショックだ。



しかし、昨日公園で逆上がりをしてみたら、1発でできた。

私は少し自信を取り戻した。




子供の短期記憶

三歳児を育てていてすごいなと思う事は、知らない単語を数時間〜数日頭にとどめておける事である。

朝に娘を買い物に連れて行き、夏用のサンダルを選んでいた所、「これは汚れるとみすぼらしい感じがするから〜」というような会話を私がしていた。

その夜、日常的に行われる娘の「新しい単語のチェック時間」に、
「みすぼらしいってどういう意味?」と聞かれた。

こういうことがしょっちゅうで、数日前の会話にあった単語についても聞いてくる。




ある程度脳みそが成熟してしまうと、「この単語、なんだろう?」という単語に出会っても、メモしない限りその単語自体を忘れてしまう。


脳みその使われ方が、全然違うんだなあ、と本当に感心する。




昨夜は寝る前に「赤血球と白血球ってなに?」と聞かれて、
「血の中で、赤血球は空気を体に運ぶもので、白血球はウィルスをやっつけてくれるんだよ」と答えた。


そして今朝、「ウィルスって何?」と聞いて来たのだ。

一晩彼女の頭の中には、『ウィルス』という知らない単語が入ったまんまになっていたのだ。

すごいなあ。本当に羨ましい。

そしてやっぱり、上野の人体展に娘を連れて行きたいなあと思うのである。



ちなみに何故か娘は、新出単語のチェックを絵本もお話も終わった後の、暗闇の布団の中で始めるのである。

膝枕

時々娘に膝枕をしてもらうのだが、それが素晴らしいのである。

あの小さいサイズ。なんて短い太もも!

そして頭を撫でてくれるという気の利かせ方。




さて娘を滑り台しか無い広場に連れて行き、「少し遊んだらお昼寝の時間だから帰るよ」と言ったが案の定帰らない。

滑り台というものは、斜面と階段が合わさっただけの原始的な遊具であるが、子供も原始的な生き物なので無限に遊び続けるのではないかと思う程である。

滑り台を発明した人は天才だ。

娘はまず普通に滑り台を滑り、次に仰向けになって頭から滑り、うつ伏せになってスーパーマンのように滑る。

それから裸足になって普通に斜面をよじ上り、次はヘリをよじ上り・・・・



そのうち高い所からひたすら紙飛行機を飛ばす。

飛ばす飛ばす。

「帰ろうよ」と言っても帰る訳が無い。

しかし大人の「帰ろうよ」のひと言でさっさと遊びをやめる子がいたら、非常に心配な子である。

であるから、娘がさっさと帰らないからイライラするのではあるが、同時に安心もするという複雑さ。

先に予定が詰まっていると、イライラしてしまうんだな。


家に帰っても遊ぶ遊ぶ。

昼寝に納得し、ようやく布団にはいるも本を次々と読まねばならない。


でも寝る前に娘が私の髪を撫でて「お母さんが、世界で一番かわいい♡」なんて甘い言葉をささやくので、結局私は娘にもてあそばれてしまうのだ。



先ほど、髪を切ったら切り過ぎてしまった。

しかし夏だし。まあいいだろう。許してくれよ、娘。
1年後の話だったら大変だろうな。

私も母に髪を切られ、切り過ぎだった時は本当に恨んだな。

しっかりしている

母親という存在は、子供にとって人生の初期においては最も影響力のあるものである。


さて私は、母親に「あんたはしっかりしているから」と言われて育って来たので、自分はしっかり者だと信じて疑わなかった。

しかし25歳、26歳くらいの時に、ひょっとして自分はオッチョコチョイなのではないかと疑い始め、友人に尋ねてみた所「今更なに言ってんの?すごいオッチョコチョイじゃん。」と一蹴された。

ショッキングな出来事である。




月曜日、私は車を運転して田んぼの横に車を路駐し、側溝に注意しながら降り立った。

竹籠を4つと、工具箱と、竹二本を抱えて「側溝があるから要注意だな」と思った瞬間、側溝に落ちた。

太ももは擦り傷で血がにじみ、打撲で青く腫れ上がった。
今でも青色の大きな丸の中に、赤いカサブタが重なっている。

腕にも同じように、青と赤の芸術的コントラストを誇る山のような起伏。



私はオッチョコチョイなのである。

そして何よりも、それらはガサツさが合わさって事態が悪化するのである。

荷物が沢山あるなら、二回に分けて運べば良いのである。


そして私は最近、自分がオッチョコチョイなのではなくて単なるマヌケの様な気がしてきた。



ついでに言うと、私が『側溝』というものの存在と単語を知ったのは比較的最近である。

しげる氏の職場のある農村地帯を訪れて、始めて知ったのである。

フタのある側溝に関しては、私の脳みそが感知していなかった代物である。



このように私は、大変バランスの悪い人間なのである。

思い込みも激しい。ズレている。


であるから、育児においてもバランスの悪い子育てをしているのではないかと常に不安である。




豆乳

娘が、「トウニュウって何?」と聞いてくる。


娘が聞いて来た言葉が分かり易い言葉(例えば『フランスって何?』等)ならばすぐに答えられるが、トウニュウには『豆乳』と『投入』があるので、どちらの事を聞きたいのかが分からない。

なのでその場合、「誰がどこで使っていた言葉?」と尋ねると良いヒントが返ってくる。

「スーパーでさ、お金を入れる機械が『トウニュウしてください』って言うでしょ?」


確かに。

いつも行く保育園の目の前のスーパーのレジが機械化されて、支払う相手が機械になってしまったのだ。
とても残念だ。

そして娘に『投入』について教える。


先日は「おじいちゃん、ビックリ星になったんでしょ?」と聞いて来た。

何?なんだ?おじいちゃんはまだお星様にはなっていないが・・・・
と思い、「何の事?」と聞いたら、娘が怒って「ビックリ星!!」と怒鳴る。

怖い怖い。

「そんな風に怒られるの、お母さんだって嫌だ。お母さんだって一生懸命『何かな?』って考えているのに、どうして怒るの!」とケンカが始まる。


そして分かった。ビックリ星ではない。ギックリ腰である。



日本人は、日常的に『you』に当てはまる単語を用いません。

「ちょっとそこのあなた!」もなかなか使いにくいし、道を歩いているおばさんに「そこのお嬢さん!」と呼びかけるのもハードルが高い。
しかしかっこいいおじいさんに「お嬢さん」と呼ばれるとなんだか私は嬉しい。

さて日本では、人を役職、続柄で呼ぶ事が多い。
「社長」「部長」「係長」。

家庭においては、子供がいる場合は子供の目線に立ち、妻の事を「お母さん」、夫の事を「お父さん」。
二番目の子供がいれば下の子の目線に立ち、長女長男のことを「お姉ちゃん」やら「お兄ちゃん」と親が呼んだりする。

一番小さいものに同化する感覚である。


で、私は娘に対して一人称を『お母さん』で接しているのであるが、娘は一人称が『たまちゃん』である。

さて、娘に対する私の一人称を『わたし』に変更した場合、娘も一人称が『わたし』になるのかな?と思った。
どうだろう。


イベント出展のお知らせ


イベント出展のお知らせ

『アリスの屋根裏』

開催期間:5月26日(土)~5月29日(火) 10:00~21:00

神保町いちのいち名古屋店 タカシマヤ ゲートタワーモール8階 
三省堂書店名古屋本店内



お人形、ぬいぐるみでイベントの出展致します。
お近くにお住まいの方、是非足を運んでみて下さい。

アトリエ1/4

激しい

娘が激しい性格である。あと4ヶ月で4歳である。

一日に一度、崩れるのである。

先日は、朝起きて、リボンの付いたズボンを着たかったのに、それが洗濯されていて着られなかった。というのが原因で、泣き崩れて、泣き叫んで、30分近く暴れ回るのである。

この程度の挫折で毎回騒ぐ訳ではない。
今回はこれが小さなきっかけではあったものの、この騒ぎの最大のポイントは、なんとなくムシャクシャした気持ちと、甘えたい気持ちがない交ぜになった気持ちではなかろうかと思う。
基本的には、理屈が通れば納得する娘なのだ。


暴れ回っている最中は、私は付かず離れず、近寄っては「あっちへ行って!」と怒鳴られて、あっちへ行くと「抱っこして!!」と怒鳴られる。
これを繰り返し、相手をし続けなければならないのだ。
(無視して本を読んでいると、すごい形相で怒って殴り掛かってくる。)

二人っきりの時にこれをやられると、私は辛いので、私は自分の心と体を切り離す術を駆使して娘と向き合うのである。



連休中は、私が娘と実家へ滞在したりして、娘は私と一日ベッタリ。
気持ちがリラックスしたのか、一日に二度この騒ぎを起こしていた。
本当に30分近く暴れ狂うのだ。

母は「こんな大変な子は見た事ないわ」
父は「普通の子の2倍大変だなあ」

4人育て、障害児まで育てている実家の両親もビックリ!な私の娘である。



そうだよな、私はけっこう子育てに苦労しているよな、と思えて安心である。


「保育園では泣いたりするの?」と娘に聞いたら、

「たまちゃんは保育園では泣かないの。転んでも泣かないんだよ」と自慢してくる。

保育園で良い子の娘。いろいろ我慢しているのが、家庭内で爆発しているんだろうなと思う。先生の話を聞いても、本当に良い子である。



しかし世の中には、本当に単にクセの強い子供がいるのだ。


しげるさんが「僕の癇癪と君の執念深さが遺伝したんだ」と言っている。


少年ケニヤ

友人が2年前にケニアに赴任していたので、ゴールデンウィークを使って会いに行きました。

サファリツアーで娘もとても楽しみました。






というのは真っ赤なウソである。

一番遠い所で3駅向こう。


実家にも滞在しました。

実家では竹を割って過ごしました。

そして本を数冊読めました。

母系社会の少数民族モソ人

モソ人だ!