ながいながい骨の旅


地球が誕生して、そして海が生まれて、単細胞生物が生まれて、背骨のある魚が生まれるまで。

そして人間の故郷が海である事。


を素敵なイラストで教えてくれます。

図書館で借りましたが、自然科学好きな娘にはどんぴしゃで、毎日一度は読んでいます。



最近お絵描きに夢中な娘は、朝起きて絵を描き、保育園から帰宅して絵を描き、絵を描き続けています。そしてとうとう「字を書きたいから教えて」と言うようになりました。

普通、読みたいと思うのが先なのでは?と思いましたが、仕方がないので『い』を教えました。

こうやって字を覚えて行くんだなあ、と、今度は私の中で『子供と文字』に興味がわいて来ました。

今度図書館で、その手の本を借りてみよう。


図書館に通い始めてからというもの、「読みたいな」と思う本は片っ端から借りて、これは買うに値する、と判断してから購入する生活になりました。



単身赴任の小学生

 小学2年の娘が 「たまちゃんが単身赴任になったら・・・」 と言う話をしているが、文脈がなんかおかしい。 よく聞いてみたら、「半身付随」と「単身赴任」を間違えて使っていた。