誰か花粉を止めて 〜混んだ病院へ行って2時間かかった〜

車内で娘と話していた。


なんやかんややり取りの後、

「一寸法師はお侍になったでしょ?花咲か爺さんにはお殿様が出て来たでしょ?お侍もお殿様も、もういないんだよ。あれは昔の話なの。」

と私が言いましたら

「え・・・・?あれは、昔の話だったの?桃太郎も?猿カニ合戦も?」

「そう。猿もカニもお着物着ているでしょ、和服。日本人は昔、みんな和服を着ていたでしょ」


そして雷に打たれたように、娘は固まった。

「じゃあ、桜のマークのシリーズの本は、全部昔の話ってこと・・・?」


桜のマークってなんだ?と思ったが、それを聞くと怒る恐れがあるのでテキトウに話を合わせて、後で調べてみた。
娘は、自分が云わんとする事を私が理解しないと怒るのである。




本当だ。桜のマークだ。

娘の世界は、私の生きている世界と視点が違う。
大人は文字が読めると、それ以外の情報を遮断してしまうんだなと思う。

しかし、声を出して本を読んでやっているのは私。娘は聞いているだけなのに、なぜか娘は本の文章を暗記できて、私は粗筋をぼやんと覚えているだけである。


羨ましい脳みそだ。


さて、「どうしてお殿様もお侍もいなくなったの?」と聞かれたが、難しい質問です。

日本史を勉強してこなかった私には、士農工商の廃止の経緯を3歳児に易しく説明出来る程の知識がない。

勉強は自分のためにしますが、子供ができた時に教えるためでもあったようだ。

しかし、小学生に対し『将来子供ができた時に説明できるようにしっかりと勉強したまえ』と言ったとしても全く無駄だな。


地モトNEWS【親子トトリネコ コーサク隊 なりきりパイロット】2022/6/14放送

横浜市青葉区でアートや子育ての応援活動『トトリネコ』が地域のテレビに取材されました。 私も発足時からスタッフとして活動しています。 インタビューを受けているおかめ家ゆうこさん。 素晴らしい知性とユーモアとセンスのある方です。 フフフフ