たとえばのなし

昨日のお風呂にて。

「おかあしゃん、『いったいぜんたいなにものだ』ってどういうこと?たとえば のなしして!」

訳しますと
「お母さん、『一体全体何者だ』ってどういう意味?たとえ話で説明して」

一体全体どこから『一体全体何者だ』という言葉を仕入れて来たのだ?


とりあえずたとえ話で、『一体全体何者だ』のフレーズの入る話をしてやると、「もっと」と注文が入る。

昨日はお風呂の中で、延々と『一体全体何者だ』のセリフ入りの話をさせられ続けた。



娘の言葉は達者な方で、意思疎通にトラブルが起こる事はもうありません。
(特に私とであれば)


しかし間違って使っているのが、「行く」「来る」、「あげる」「もらう」。

立場の違いで言葉をかえるのが難しい様です。

まあ訂正しないのですが。そのうちなおるだろうし、可愛いので。


ただ、『めがね』を『めがけ』、『おはし』を『おしゃしん』と何故か言うので、
昨日正してみたら、本人が衝撃的な顔をして、何度も繰り返し「めがね・・・めがけ。めがけ・・・めがね・・・」とブツブツ言っていた。

子供にも色々あるんだな。





もかしだも

ある日突然、2歳半の娘に

「ねえ、お母さん、もかしだも ってなあに?」

と聞かれる。





娘よ。

モカシダモとは、エチオピアのシダモ地方で採れたコーヒーの事だよ。

なんでそんな言葉を知っているんだろう?と一瞬考えたが、そう言えば先週のこと。

私は『モカシダモ』と『マンデリン』の2種類の焙煎したてのコーヒー豆を手土産に、実家へ帰ったのだ。



すごいな。

娘の前では、絶対に人を悪く言ってはいけないな。






昨日、用事があって私としげるさんが出かけたのだ。

えんじ色のコートを久々に着ていたしげる氏。
まあ、私が仕立てたもので、2年ぶりに着ているのを見たが大層似合っている。


娘がその姿をみて、「とと、この赤いの、かっこいいじゃん!」

私の三年ぶりに着た黒いウールのコートを見て「お母さんも、かっこいいじゃん!」

なかなかの褒め上手である。




あさ

朝の保育園支度も終わったとき、再び布団にもぐる娘。

「ねえ、今日は寒いから、お布団でゆっくりしようよ」と言われました。


保育園に着き、先生に「こんなこと言うんですよ〜」と世間話をしたら、
「まあ!お母さん、いつもそんなこと言ってるんじゃないですか〜?」とズバリ。

そうだ。たぶん休みの日に私が言っているセリフだ。


エビちゃん

昨夕、保育園帰りのスーパーへ娘と。


エビが安かった。

鍋にしようか。それとも海老フライ・・・

私「ねえ、エビちゃんをどうやって食べようか?」

娘「うーん、頭とって食べよう!殻もむいて食べようよ!」




確かに。君は正しい。

これが連鎖か

娘が家の前で悪い事をして、「やめなさい」と注意してもわざと悪さをし続ける。

私の事を意識しながら、悪さをし続ける。

ので、頭をペチンとはたいて家の中へ強制送還しました。


恨めしげに泣き続ける娘。

抱っこを求めるので抱っこしましたが、「仲直りする?」と聞いても「しない!!」と泣き続け。



しばらくして機嫌もなおってクマのぬいぐるみでおままごと。

娘が、クマの頭を叩きました。

これが連鎖か。

ばか

外出先から帰って来て、靴を脱いだらタイツの足の裏に何かが・・・

ミミズのような、平べったい気持ちの悪いムシ!!!

パニック!!パニック!!

しかし私は、タイツの上にズボンをはいていた。

パニックになりズボンとタイツを脱ぐ!!


               脱ぐ!!!

タイツは裏ッ返しになった。ムシは閉じ込めたぞ。



部屋着のズボンをはく!!


裏ッ返しになったタイツを元にもどして、くっ付いたムシをどうにかせねば。

しかし、ムシ付きのタイツを元に戻すべくひっくり返す作業は素手ではできない!!


とりあえず、窓を開けて、タイツは外に!

布団叩きを駆使してひっくり返す!!

あれ?何も付いていない。

おかしいな。

おかしいなあ。


下を見てみる。




これって、パンの袋とかを止める、針金だよね。


桃太郎




これを読むと、昔の絵本は本当にすごいなと思います。

この本、15年前に実家の母が私の妹のために購入した物です。


私が娘と実家へ行くたびに読んでいます。
そして娘は、この絵本を楽しみに私の実家へ行く様です。

1937年に出版された絵本の復刻版。

復刻版は、オリジナルと比べてページ数も減らされていたりと色々とあるようですが、
それにしてもイイんです。これ。
子供向けですが、本当に超本気。



先日、風呂上がりに何を思ったか、娘が裸で手桶を持ち上げていました。

私「たまちゃん、なにやってるの?」
娘「ももたろう‥‥」
確かに。絵本の一幕でこんなシーンあったな。
私よりも娘の方がちゃんと絵本を読んでいる。



実はこのシリーズの舌切り雀の話を、インターネットで中古で買ってしまった。
送料含めて750円也。
今日届くかな。


私も娘と一緒に絵本に夢中になっています。
絵本って本当に楽しいです。

『最近の若者は・・・』というお話になってしまいますが、
最近の絵本は大人が読んでいて楽しい物が少ない。寂しい。

母系社会の少数民族モソ人

モソ人だ!