ずるい女

寝る前に、娘に本を読んでやります。

最近はセンダックのくまくんシリーズ。

人形の手が折れるシーンを繰り返し読んで欲しがるお年頃です。

娘にはまだ難しい部分もあるので、分かり易く読んでやりますが、好きな様です。

というか、簡単な子供向け絵本よりも私自身が読んでいて楽しいので、

「今日はくまくん読もうよ!」と私が誘ったりもします。


さて、30分弱の絵本タイムも終わりまして、電気を消して、お話をします。

私は眠たくなるので寝ます。

娘は寝ません。

するといつも

「おかあしゃん、お茶が飲みたい」と言います。

「お父さんと飲んで来て」と私が言っても泣いて「おかあしゃんと!」。


娘はお茶が飲みたい訳ではないのです。

お茶を台所へ飲みに行くと、そこに本棚があるのです。

「あ、これも読んで」

と、今度は違うくまさんシリーズ4冊を手に取ります。



「もうネンネだからダメ」と私は言いますが、今度は「読んで読んで!!」と泣き叫びます。

泣き叫んだ末に親が折れると、「泣けば親が言う事を聞く」と子供は思うので、基本的に泣いた子供に従うなと言われています。

いやしかし、娘は体力と執念がすごいのだ。

たぶん、泣いているのを放置すれば30分〜1時間は泣き続けるだろう。

近所迷惑だし、まあ保育園で頑張ってるし、しかたないなと思うのです。

そして読んでやるのです。

(基本的に無理な事、例えば「晩ご飯の前にバナナを食べる」等は、娘は言ってみるもの『無理』ということはわかっているので、泣き叫んだりしません)




それにしてもコンサートでのアンコールでもあるまいし、寒い冬に暖まった布団から出て台所へ行き、さらに違う本を読むのが私は嫌だ。

不機嫌になった私は、腹立ちまぎれにぶっきらぼうに絵本を読みます。

すると娘の指導。

「お母しゃん!大人になって!!ちゃんと読んで!!!」

不機嫌な時に、優しい声で絵本が読めるほど、私は大人ではない!

しかし娘は、「おとなになって!ちゃんと!!」と怒るのだ。

(日頃私がふざけたりするので、娘は『大人=いつもの状態』と思っている様です)



ああ、私は担々麺が食べたくて仕方ない。

ひき肉が冷蔵庫にあるので、お昼に作ろうかと思ったが、担々麺には練り胡麻が必要なのだ。

胡麻はあるので、それをすり続ければ練り胡麻にはなるのだが、そんな事をしている時間はない。

なのであんかけラーメンで妥協しよう。

昼はあんかけラーメンを作るのだ。

地モトNEWS【親子トトリネコ コーサク隊 なりきりパイロット】2022/6/14放送

横浜市青葉区でアートや子育ての応援活動『トトリネコ』が地域のテレビに取材されました。 私も発足時からスタッフとして活動しています。 インタビューを受けているおかめ家ゆうこさん。 素晴らしい知性とユーモアとセンスのある方です。 フフフフ