私の娘 ではないかもしれない

ずぼらな人間と言うのは、カーデガンを裏表逆に着てしまったりするものです。

つまり、脱ぐ際に脱ぎっぱなし。裏っ返して放置するからなのです。


しかし私は、そのずぼらな人間を超えています。

裏っ返しに着ても、
「これを脱ぐ時は、今度は正常な状態に戻るのだから、今は裏ッ返しのまま着ていた方が労力を使わずに済む。次回は正しく着られるではないか」
と考えているので、基本的に表裏が逆でも着替えません。

基本、家で仕事をしているので外へは出ませんし、出るところで今のシーズンはコートを着るのでバレません。

お昼ご飯をしげるさんが食べに、家に帰って来ても、しげるさんは私のカーデガンの表裏に気づく人間ではありません。



しかし私の娘といえば・・・


S字フックが足りないからもっと欲しいと言われ、昨日2コ追加しました。

この美しい並び。

二歳とは思えぬキチンと感。


私が髪の毛を下ろしていると「お母しゃん、お髪結んで!」と怒るし、一体どちらが母親か。


単身赴任の小学生

 小学2年の娘が 「たまちゃんが単身赴任になったら・・・」 と言う話をしているが、文脈がなんかおかしい。 よく聞いてみたら、「半身付随」と「単身赴任」を間違えて使っていた。