タイガー立石 への想い

タイガー立石を知っていますか。

タイガー立石(1941ー1998)は、イラストレーターです。

タイガー立石の『とらのゆめ』という絵本が、私は子供のころ好きでした。
寝ている虎が夢を見ているのですが、ダリとかマグリットが入り込んでいるような
不思議な絵本。



そして好きな絵本を子供に読んでやりたいと思うのが親心。

娘にはまだ早いと思っていたのですが、どうかしら、と読んであげたら大ヒット。


ついでに、タイガー立石の他の絵本も読んでみたら大ヒット。

親が楽しく読んであげられるから、子供が楽しむだけなのだと思います。




りのちゃん

小学校が近所にあるため、朝に登校途中の小学生の数人が、我が家の掃き出し窓を叩き、娘と文鳥に挨拶をして行きます。

それから私は、娘を保育園へ預け、私は家で仕事をしています。


そして先ほど、また窓を『ドンドン』と叩く音。

下校途中の小学生『りのちゃん』から「今から公園行くけど、行く?」と誘われました。

娘と私をセットで誘ってくれているのですが、なんだか新鮮です。



先日は、私が一人称を『おばちゃん』で言うと、
「おばちゃんじゃないよ」との気遣い。

でももうお姉さんは違うかなあ。



ちなみに、「文鳥に触りたいなら、今度うちに入っておいで」と誘ったら
「知らない人の家に入っちゃダメってお母さんに言われてるからダメ」と断られました。

なんだか切ない。

哀れな母

最近、娘の鼻の周りにハナクソがこびりついていて、取れません。
温かく濡らしたタオルで拭き取れば、綺麗にはなるのですが、本人がイヤがります。

鼻水やハナクソを取ろうとすると、顔を背けるのです。
無理に取ろうとすると、大声を出して抵抗します。


なので私は、本気で頼み込みました。

「ねえ、お願い。お願いだからハナクソ取らせて。本当にお願い。
 お母さんのお願い聞いてくれる?
 お願いだからハナクソを取らせて」

としつこく。


するとどうでしょう。娘は大人しくハナクソを取らせてくれたのです。

たぶん、私が哀れに思えたのでしょう。

これからは、ズボンを履かずに逃げた時も、お風呂からあがりたくないと抵抗したときも、
本気で頼み込んでみます。

ゴールデンウィークは、アンコールワットへ行って来ました





久々の更新になります。
ゴールデンウィークから、2週間かけて、タイやカンボジアをまわっていました。

そして念願のアンコールワットを訪れました!!

 一歳の娘を連れて歩くのは大変でしたが、とても良い旅になりました。
 優しい現地の人々に助けられ、食事もとても美味しく、娘もなんでも食べてくれました。



というのは真っ赤なウソである。
アンコールワットに行ったのは、友人Rなのである。
友人Rから手紙が届いたのでアール。
友人Rは文字と絵のセンスが抜群で、いつか手描きの旅行記を出版してくれないかなあ、
と密かに思っています。

5月の連休は、新宿OZONEでのイベントに出展しました。
足を運んで下さった方々、本当にありがとうございました。
イベント出展での楽しい事は、人に会えることです。




さて、私の悔しさについて話しても良いでしょうか。
以下、大変些末な事でどうでも良い事ですので、読み飛ばして頂いて結構です。

本日の夜から、仕事と娘を伴って実家へ行く予定でした。
土日に、娘のおもりを実家の母と妹に頼みつつ、私は実家でミシンを踏む予定でした。

ところが、本日午前中に届くはずの糸が届かない。
どうやら明日の午前中に届くらしい。
ならば実家へ発つのが明日の午後になる。

こうなる事が分かっていたら、私は今日の昼食をそうめんにしました。
私は馬鹿な事に、お昼に、昨日の余り物を全部しげるさんと食べてしまったのです。

今日の晩ご飯に、昨日の余り物をまわして一品増やせば、立派な晩ご飯になったのに。

しくしく。今夜の晩ご飯、いちから作らなければならない。何にしよう・・・

糸が届かないので、作業がこれ以上進められず、すこし余裕ができました。
でも他の仕事の納期があるので、「私は余裕がある〜」と思うのは間違いなのです。
 
はい、今から始めます、他の仕事。はい。
子鬼の居ぬ間に。

たぶん、昨日だけで1km近いミシンは踏んでいると思います。
かれこれ、私は人生で何km分のミシンを踏んで来たのか。

『この道50年』のベテランのミシン踏みなら、1Km×300日×50年なので15000Kmくらい?地球一周は出来ませんね。

【未公開映像!】ドラマ「僕の姉ちゃん」メイキング第5弾

水曜日25時から最終回のあるドラマ『僕の姉ちゃん』のメイキング映像が配信されました。 オープニングのメイキングも観られます。 おや、私が映っているぞ・・・