今日ニシンを買った

今日、再びニシンを買いました。

明日も ニ ・ シ ・ ン 。

にしん

私はニシンが好きです。

今まで自分でも知らなかったのですが、私はニシンが好きなのです。


焼き魚部門で考えると、旬のサンマと厚みのあるホッケと並ぶ好きさ。



先日、ひょんな事からニシンを手に入れて「今晩はニ・シ・ン」と思い一日ウキウキしておりました。

夜、赤子を寝かしつけながら「あとでニ・シ・ン」とウキウキしておりました。

赤子が寝たのでニシンを焼きながら「今からニ・シ・ン」とウキウキして、
焼けたので皿によそったところで、赤子が目を覚まして私を泣いて呼ぶのです。




育児の辛さが 身に染みました。




母は落胆する

以前、破けた敷き布団を補修したのです。

そこを、娘に、ビリビリとやられました。



私は せつない。


いとしさと せつなさと 娘の成長のこころづよさと。

早朝のバニーガール

先日、ウサギの耳のカチューシャをいただきました。

たいそうかわいい。

娘に付けると妙にかわいい。


ということで、その耳は私のお気に入りになりました。


先ほど掃除をしていた所、自分の前髪が邪魔になりまして、
「ああ。こんな所にいいものが」と思い、ウサギ耳のカチューシャを利用しました。


ついでに子供が泣くので掃除機がかけずらく、おんぶ紐で背負いました。

バタバタとしばらく掃除機をかけていると、ふと姿見が目に入りました。
見てみるとそこには新しい自分が。

あたらしい じぶんさがしの たびは つづく

二宮金次郎の気持ち



背中に子供を背負って作業をしていると、二宮金次郎になった気分です。

しかし我が子は注文が多く、後ろから「もっと歩け」「動け」と指示が飛び、
しかも容姿が老人にもちょっと似ている事から、
薪というよりも子泣きジジイを背負っている気分になります。



ラーメンを、そういえばもう半年近く食べていないなと、思います。




これも作ったんですか?


「これも作ったんですか?」
と、よく聞かれます。

ちょっと変わった服を着ていると「これも作ったんですか?」
子供を連れいていると「じゃあ子供服も作ってるんだね」

いやいや、作っていないのです。


自分の服は時々作ったもの(ずいぶん昔に)
子供はすぐ大きくなりますし、まだ小さいので面倒だから作っておらず。

もう少し子供が大きくなったら、かわいい服を作って着せたいなあとは思うのですが、
その頃になっても多分、理由をつけて作らない気がします。

納期が無いと作らない・・・



先ほど、抱っこ紐の子供が舐めてしまう部分のカバーを作ろうと思い、
子が寝ている隙に生地の在庫を見ていたのですが、洗濯可能な厚みのある綿の良い生地は消耗品には勿体なく、薄い生地だと意味が無い。
悩んだ末に『ガーゼを当ててクリップでとめればいいや』という結論に。


それよりも仕事をせねば。仕事を・・・


こけし印鑑 パート2


こけし印鑑を注文しました。
お尻にキャップが付いております。

かわいい。


というのも、娘の銀行口座を開くために、印鑑が必要になったのです。

作ってくれるのは福島のさとうさん。


なんてかわいいのだろうか。
ハンコも手彫りです。






こちらは私の印鑑。
去年注文したものです。
持ち運びケース付き。




開けるとかぐや姫のようです。
ケース付きの方がぐんと高価になるので、
娘分はキャップ付きを選んだのですが、
娘が欲しいと言えば私のケースをあげればいいかと思います。
日本では夫婦別姓の選択肢は無いので、娘が嫁いだ場合は印鑑も使わなくなるし。
と。

印鑑を握る事がこんなに嬉しいなんて。
しあわせ。うふ


でも判子をつくのは慎重に。






むかしかわいい


最近の日本の子供グッズは、かわいくないものが多い。

しかし、昭和の頃の子供の物は、かわいい。


バスタオル。

これはあまりにも可愛いので、使うのがもったいない!(使っていますが)
こんな感じのお椀とかコップとかが売っていたら欲しいです。



子供服に関して言うと、日本の子供服はあまりにも『こども』を主張していて、
ヨーロッパの子供服は色もパターンもシックで素敵なものが多い。

しかし我が娘はハンプティダンプティのような体型なので、いくつかある外国製の服を着せると、
ピタピタでなんだか面白い。

活きのいいパイ

これは何かしらと思いますが

 鯛


特大の鯛であります!
栗のパイ。絶品。
食べるのに夢中で、中身を撮るのを忘れました。

外見もすごいのですが、それより更に味がすばらしい。

あまりにも見事なので実家の母に「鯛のパイを頂いたから今から行く!」
と言いましたら「タイのパイ」の意味が伝わっていなかった様です。
子供の誕生祝いにいただきました。ほんとうに嬉しい限りです。


し・あ・わ・せ

モビール

子供がエアコンにはためく洗濯物に非常な興味を示すので、
「しめしめ。これはモビールを与えれば機嫌良くしているかもしれない」
と思い、モビールを探していました。

最近はモビール流行りで、けっこうどこでも売っている。

しかし可愛いと思う物も少なく、なんだかなあと思っていた所、灯台下暗し。
近所のカゴ屋さんにありました。

竹でできたかわいいモビール。
しかしこれ、昭和な雰囲気でホコリまみれでありました。
かわいい小鳥。


「モビールというものは、そもそも現代アートなんですよ」
と以前人に教えてもらったのですが、そもそもカルダーというおじさまが1930年代に針金でモビールを作って展示し、デュシャンというおじさまが『モビール』と名付けたのです!




しかし我が家のおしめさまは、モビールよりも洗濯物、洗濯物よりも動く文鳥の方がお気に入りのようです。




乳児に長い昼寝をさせる方法

我が子は生後4ヶ月ですが、新生児を脱すると昼寝の時間がほとんど無くなってしまいました。

午前に一度、午後に二度、それぞれ5〜15分寝るだけなのです。

しかも起きている最中は抱っこを激しく求めるのです。


私は仕事をしたいので、長い昼寝を切望していたのですが、ついに本日、
長い昼寝をさせる戦法を編み出しました。


自分も一緒に寝る!ということです。


なんということでしょう。
今日は寝かしつけて、ついウトウトして起きたら既に1時間経っています。

まだ子供は寝ています。

しかし問題は、自分が寝てしまうと仕事ができないということなのです。

これはもう、たくさんの小人がやって来て、仕事を済ませてくれるのを待つしか無いでしょう。




午後に予定があったので、午前中におでんの下ごしらえをしたのですが、
昼寝をしてしまったために予定はキャンセル。

おでんの宝袋が私は好きなのですが、すでにできた状態のものがスーパーに売っていました。
衝撃。

母系社会の少数民族モソ人

モソ人だ!