汚染される

先月、 娘と一緒にスーパーの子供服売り場へ行った。大型の子供服の量販店である。

ワンピースを1着買うことになったのだが、娘の執念がすごい。

時間をかけて全てのワンピースを隈なくチェックして、3着候補を絞った。


そして「お母さん、どれが好き?」と聞くのだ。

なので「これ」と指さしたら「そうか、でもたまちゃんはこっちかな」と別ので決める。

もう自分の中で決まっていたようだ。でもそのワンピースがカラフルすぎて落ち着かない。

「それ〜?ちょっとガチャガチャしてない?」と言うと、

「お母さんが着るわけじゃないから、いいでしょ」と言い放った。

そうなんだよな。



学校に行くのがなかなか難しい娘であるが、昨夜、娘は布団の中で

「ああ、学校のことを考えると、心が黒く汚染される」と呟いていた。

汚染か。

すごい言葉だ。




地方都市には鳥がいない

 地方都市に住んでいます。


そして2週間前、オカメインコの雛を飼いました。


今、生後40日弱です。

ここの繁殖施設で!

ペットショップの値段の半額以下で、元気な子が買えますよ。


カゴから出して欲しくてピーピー鳴いて、カゴのフタを開けてやると走って来て私を登る。

呼べばせっせと歩いて来るし、

私が鳥を握ってこねくり回しても怒らず、私のお腹の上で昼寝します。かわいい。

かわいいのだ。


しかし、地方都市では一軒家の家が多いせいか、ペットといえば猫か犬を飼うようで、鳥グッズが売っていない。

街で一番大きなペットショップにも、鳥のヒナが食べるあわだまが売っていない!!もちろん栄養剤も無い!

名古屋まで30分なので、名古屋に行くか?と考えたが、コストを考えるとネットの効率がよく、200円くらい高いけどネットで買った。今日届く。



そして娘が学校を嫌がって家にいる時間が多いので、こりゃあ良かった。

帰ってくるなり鳥をカゴから出して遊んでいる。


娘は大体、2時間目が終わったら学校から帰っている。

本日は5時間目に席替えがあるので、それはなんとか楽しいから出てこいと説得できたので、一度迎えに行って、帰宅してちょっとしてからまた送っていくのだ。土砂降りの中!

ちなみに、15分間ある帰りの会は説得できず、出ずに帰るらしい。

無理強いすると、そもそも学校に全く行かなくなるので、交渉が無理そうならこちらが妥協する、という感じ。

宿題1日目

宿題が出た。

娘の人生初めての宿題である。


私の想定では、「お母さん!初めての宿題だよ!宿題は、コレとコレだよ!」という感じ。


しかし私の想像の上をいくのが娘である。


私「宿題ってどれなの?」

娘「わからないなあ」

私「先生、何か言ってなかった?」

娘「先生は何か言っていたかもしれないし、言ってないかもしれない。言ってたとしても、それを忘れた」


素晴らしい説明である。もはや何も言い返せないので、とりあえず笑った。

すげえぞ娘。多分、授業をほぼ聞いてないな。


さて、今朝も「学校行きたくないなあ」と言うので、「今日は図工だよ!図工が2時間もあるんだよ!」と励ました。

娘は家にいる間中、ひたすら絵を描いて工作をしているので、図工が好きに違いない。


しかし、私の想像の上を行くのが娘である。

「図工、嫌なんだよ。クレヨンで描かなければいけないけど、クレヨンだと細かいところが描けないし。それに、描かなきゃいけないものが決まっているから、好きなものが描けない」


そうか・・・・図工ですら・・・・切なすぎる。


クレヨンで描かせるには意味がある。小学一年生で、絵に不慣れな多くの子にとっては、色鉛筆やクーピーだと手に力が入らないのだ。一部の児童の緻密さを追求するよりも、大多数の児童の描きやすさを優先しているわけである。

そして描きたいものを描けないというのは、先生としては、描くものを指定しないと、何を描いて良いかわからない子がたくさんいるからである!!


しかし自分を振り返ってみると、私が図工を楽しいと思っていたのは小学校の1、2、3年生の頃の、教員免許を持たない芸術家の図工の先生の授業の時代である。

本当に楽しくて、工作の過程を鮮明に覚えている。



しかしそれ以降、小学校も中学校も、私は美術の成績が良くなかった。

中学に入ると、5段階評価で2がついたが、今現在、私は図工みたいな仕事でお金をもらっているので、学校の評価はインチキであるなと確信している。

ちなみに私は基本、体育も2であったので、自分は非常に運動神経の悪い愚鈍な人間だと思い続けて生きてきたが、平泳ぎなら2kmくらい泳げるし、今でも鉄棒で逆上がりができるし、二重跳びだって10回はできる。

柔軟でブリッジもできるし、三点倒立だって1分くらいできるのである。

きっと体育の評価の基軸が西洋のスポーツではなく、ヨガであった場合、私は優秀であったに違いない。そして運動が好きになっていただろう。


しかし『体育』や『図工』という文科省の尺度で言うと私の評価は『2』であるので、学校教育は私に、自分は絵が下手で、運動ができないというコンプレックスを与えてくれただけである。

そんなインチキに踊らされて、将来の希望を小さくしている子もたくさんいるんだろうなあと思う。


そうそう、最近は道徳に点数が付けられるようで。

それってもはや民主主義とは程遠い。


子供にとって学校は、世界の全てになりがちです。

学校は大事だけど、私は娘に、学校が世界の全てなのではなくて、世界のほんの小さな一部であるという感覚を持ってほしいと思っています。


ちなみに、娘の図工に関しては、自画像を描かなければならないようだ。

なので「自分の顔を描いた周りに、カマキリでもなんでも好きなもの描けば良いじゃん!」とアドバイスをしたところ、「怒られるかもしれないから怖い」とのこと。

怒られないと思うけどなあ・・・

なので「何か言われたら、『頭の中でカマキリのことを考えている絵です!』とかテキトーに言ったら?」というと納得していたので、多分今日娘は、自画像の周りに何か好きなものを描くかもしれないし、描かないかもしれない。

愛がバレる

最近、私がバタバタしているので、しげるさんが娘の保育園へお迎えに行っている。

私は家で待つ。


車の音がしたので私はドアを開けて、玄関で待っていた。

車から降りた娘が、私を目指して走ってきて、「大好きなお母さん!!」と言いながら飛びついてきたので、抱き合った。


玄関ドアを開け放したまま愛の劇場を公演したので、ちょうど出てきたお向かいのおじさんに「仲良しだねえ」と冷やかされる。


そして娘が言った。

「私たちの愛が、バレちゃったね❤」


愛が、バレる・・・

なんて可愛いのだ。

追われる夢

 追われる夢ってありますねえ

あれって、プレッシャーを感じている時期に見るんですねえ



私はプレッシャーを感じると、追われる夢ではなくて、「高校で留年する夢」を見るんですねえ


明け方、夢の中で「留年する!!!!!!!!!!」と思った瞬間に目覚めて、また寝付いたのですが、再び留年する夢を見て、起きた。1日に2度は初めてである。


「大学を卒業できなかった夢」も別バージョンであるんですが、やっぱり「高校で留年する夢」の方が辛いんですねえ


私は留年したことが無いんですけどねえ、留年しそうだった時期があったんで、その恐怖心が根深いんですねえ


大学では留年しても、既に取った単位を失うことはないのですが、高校はたとえば2年生になれなかったとしたら、1年生で取るべき単位を最初から取り直さなければならないんで、本当に虚しいのです。



私の父は今でも、高校で留年をする夢を見るようですが、彼は本当に留年したことがあるんですよねえ


ということは、私はきっと死ぬまで「高校で留年する夢」を見続けるんですね

もう20年近く見続けている夢なわけですし

「20年見続ける夢」ってなんとなく「20年追い求める夢」みたいに聞こえますが、違うんですねえ

高級ホテルの朝ごはん

 保育園の帰り、いつも娘とスーパーに立ち寄るのである。


ハムとか、ベーコンなどの加工食品の売っている所を通りかかったら、娘が「ベーコン買って!」とねだるのである。


うーん、、、ビールなら気軽に買うのに、ベーコンは高いぞ。

高いわりに、無くても良いものだ。


しかし娘は言うのである。

「お母さん、前みたいにさ、卵とトマトとベーコンを並べて、高級ホテルみたいな朝ごはんを作って!」と。

先月、近所の有名なハム屋さんに行った際、奮発してベーコンを買ったのであった。


高級ホテルのような朝ごはん・・・

上手いこと言うなあ、とのせられて買ってしまった。ベーコン。1割引のやつ。

今朝、娘のリクエストに答え、高級ホテルの朝ごはんを作った。



さて、我が家はボロアパートなのであるが、先日娘が家の前でアパートを見上げ、「うん、我が家は本当に立派!本当にいい家だよ!!!」と大きな声で言う。

卑下されるのも嫌だけど、それもなあ・・・少し恥ずかしい夕暮れでした。

幸福の限界

 娘が「うちで一番幸せなのは誰だと思う?」と私に問う場合、「お母さんには、たまちゃんとお父さんがいるから、お母さんが一番幸せだよ」という答えを期待しているのだ。


娘は娘で「たまちゃんにはお母さんとお父さんがいるから、たまちゃんが一番幸せ」と言い始め、喫茶店でコーヒー代を支払い合うおばさんみたいな幸福な喜劇を楽しみたい狙いがあるのである。

そんなふうに日々イチャイチャして戯れる我々なのである。



と言うことをしげるさんは理解していないので、「ねえお父さん、うちで一番幸せな人って誰だと思う?」と娘に聞かれた時、しげるさんは「うーん、そうだねえ」と言いながら多分全然別のことを考えていたんだろうなと思う。

これでしげるさんも幸福の喜劇に参加し始めたりしたら、やはり家族という群れとしてのバランスを著しく欠く変人ファミリーが加速するので、これくらいの距離感は必要なのである。


昨日はひな祭りで、娘は寿司パーティーをするつもりで帰宅。

豚肉が三割引で安かったので豚肉のソテーになったと判明した時、娘が崩れ落ちた。

しばらく寝室から帰ってこないので、心配して見に行ったら何のことはない、遊んでいた。

でも「今日は寿司パーティーだって、友達に自慢してたのに!」と言われた。

そうか、多分多くの家庭ではちらし寿司なんだろうな、と思う。

「おひな祭りには寿司パーティーしよう」と娘が言っていたのが先週だから、忘れていると私は思っていたのである。



しかし今朝は「今日は寿司パーティーで、握るから。」と宣言。

最近、我が家では、家で寿司を握るというブームが起きている。

見た目はひどいが、味は本当に美味しい。

私はスーパーを梯子して、何品かサクで仕入れなければならない。今から。

サクはサクで、小さいサクでないとダメなので、なかなか良いものがスーパーにない。

マグロばかり大量にあっても困るのだ。


そして今朝、娘の好物のアサリがとても安かったので、あさりの味噌汁。

お腹減った。



立ち聞き

 娘がしげるさんに「ねえお父さん、うちで一番幸せな人って誰だと思う?」と聞いていた。


色んな意味で深い。


靴並べ

 我が家では、娘の玄関のみんなの靴並べが、お小遣い制になった。

一回一円。

10回分溜まったら、10円が支給されるシステムである。


娘は毎回表にチェックを入れて、「あと3回で10円か・・・」などと算数の計算にもなるのである。


これは我ながら、なかなかいいシステムだと思う。もう20円は支払った。


靴下が行方不明

 今朝、服の入っている引き出しに、こんな紙が貼ってあった。



さがしています。みつけたら0128・・・・

のでんわばんごーにでんわしてください


どうやら、ピンクの靴下が片っぽ行方不明のようだ。


その上に、ツチノコの絵が描いているので、ツチノコを探しているのか?と思ったら違った。




娘はひらがなや数字を勝手に読むようになって勝手に書くようになったが、鏡文字がいくつもある。

この時期は、既に正しく文字を書く子もいれば、興味もない子もいて、それはその後の人生には全く関係ないと思うのである。

しかし字も絵も、興味があるだけですげえじゃん!と思うのだが、本人にとっては違うらしい。


先日、数人の大人の前で、絵と自分の名前を書く機会があったが、固まってしまって大好きな絵すら描かない。


変だなあ、と5分して聞いてみたら、「たまちゃん、鏡文字しか書けない・・・」と名前すら書こうとしないのだ。

「え?鏡文字でもなんでもいーじゃん!」と説得したがダメで、結局『お手本』という名の私の下手な字を見ながら名前を書いていた。(ただ、偶然ではあるが、娘は自分の名前に関しては全て鏡文字ではないのだが・・・)


いつも好きで字も絵も自由に家では書くのに、なんとなく「評価される場所」かもと思った時点でフリーズするのである。

実際は、自分だけの卒園アルバムの表紙を描く場面で、評価もなにもなく、なんでもいいものなのに。


そして初めて知った娘の特徴。「プライドが高い」である。

その他の特徴には「超欲ばり」「超食いしん坊」とかがあるが、それは私の遺伝だ。