仏さまになりました

寝る前に、娘に必ず(例外は、娘に許されない)毎夜30〜40分程度、本を読んであげます。

一応絵本3冊と決めていますが、長さによって交渉です。

いっときは娘の要求に従い、1時間以上読む時期もありましたが、「絵本を読まなければ」という私の義務感よりも「ラクしたい」という堕落の欲求がまさって来た今日この頃。
読みたければ自分で読みなさい、という感じで。

いやいや、それでも毎日30分は読んでいます!
一人っ子じゃないとなかなかできない芸当だよなあと思います。
本当、偉いわ私。と思うことで保つこの意地。

元編集者で絵本作家の主催する「子供と絵本」みたいな勉強会に行った時、「読み聞かせは10歳まで」と言っていました。
字が読めるからといっても、親が読んでやることの利点はとても大きいらしい。
娘は10歳まであと4年ですが、その間に読んでやりたい本がたくさんあります。ライオンと魔女とか、コロボックルシリーズとか。怪人二十面相も好きそうです。


さて娘が本棚から読みたい本を選んで持ってくるのですが、先日は久々にこの本。
絵本と言っても絵はほぼないのですが。
数年前に買って、時々読んでいます。
3000円近くする本で、これは新本屋さんで買ったので新刊で。
私としては清水の舞台から飛び降りるような値段。
(なんとこの時、同じシリーズの『世界の民話』も買ったのです!でも、分厚くてすごくたくさんお話が入っているので、10分で読める絵本を1000円で買うよりも、100万倍堪能できます。)

読んでいて、親が楽しい絵本。古くさくて、落ち着いていて、ウィットに富んだ感じ。
素晴らしい本です。

さて、この本のとあるお話の中に「おじいさんが仏さまになりました」というくだりがありました。

娘が「ホトケさまになるってどういうこと?」と聞くので、
「どういうことだと思う?」と聞き返しましたら、

「さとりをひらくっていうこと?」と言う。


す・・・すごいぞ。『悟りをひらく』とは!!!

と思ったのですが、それはこの本の知識があったからです。

この本は古本屋で100円でした。



娘が私に絵本を要求するのは、絵本を読んでいるときに母親を独占できていると言う満足感のため、というのもあると思うのですが、やっぱり絵本は読めば読むだけいいと思いました。
絵本はすごいぞ。悟りもひらけるぞ!ひらけないけど!!


先日、新聞に「子供に絵本を聞かせようと思ってもジッとせず聞かない」という悩み相談が載っていた。
私は幼少期にあまり読んでもらっていなかっし、知的発達が娘よりずっと遅かったので多分「おしゃかさま」も「日本の民話」もジッと聞くことはなかっただろうし、自らこの本を選んで親に読んでもらおうとすることもなかっただろうなと思います。

娘のおかげで、私も色々勉強できます。ありがたや。
眠い時の絵本はかなり辛いけど。
ついでに、絵本の後には創作話を一つすることになっていて、毎夜毎夜お話を絞り出しているのだ。これもかなり辛い。
娘が小学生になったら、お話はやめてもらいたいが、果たして・・・