黒魔術

一昨日、8月31日のこと。

私は作業中に、カッターで指を切った。小さな傷である。
こう言う時は、マスキングテープで傷口を塞いで2日もすればくっ付くのである。

でもちょっぴり痛かった。


その日の夕方、娘を迎えに急いだ。

保育園前の信号が赤になりそうだったので、小走りに急いだ。

裾の広がったズボンである。それに躓いで、久々に転んだ。

膝から流血した。



園庭で遊ぶ娘と、友人Kちゃん。


私は少々気持ちがくじけていた。
そして

「さっき信号のところで、転んでさあ、膝から血が出て痛いよ・・・」

と二人に言った。

するとKちゃんが
「それって。。。たまちゃん、あのおまじないのせいじゃない?」



なんだろう?面白そうな話だ。

「何?何をやったの?」

と聞きましたら、どうやら娘が鉄棒の周りを笑いながらグルグル走り周り、「お母さんに不幸なことが起これ〜」とふざけて呪いをかけいたらしいのだ。




帰りの車で、深刻そうな顔をした娘が、私に謝ってきた。

なので、「次は『いい事起これ』って祈っておいて」と頼んでおいた。

娘にそんな才能があったとは。

将来は呪術師か?




しかし、呪いはこれで終わらなかった。

昨日、9月1日のことである。

ヤマダ電機のポイントを、私は5300円分持っていた。

それを使って買い物をしようと行ったのである。



なんと、ポイントの有効期限が、8月31日までだったのだ。

辛い。本当に辛いぞ。5300円分、私は失っていたのだ。

娘の呪いがこれ以上続きませんように・・・・