仕方ないよ

先日の事。

娘がおせっかいで私の手助けをしようとし、灯油タンクがヒックリ返る事件が発生。

咄嗟に怒ってしまった。
しかし、それは娘の善意の結果であったのだ。


数分後、私は罪悪感に苛まれる。
娘に謝らねば。

「たまちゃんごめんね、今のはお母さんは怒るべきではなかった。
 たまちゃんも優しいから手伝ってくれようとしたんだもんね」と伝えたところ、

「仕方ないよ。人は、間違えるから」。


娘よ。君は本当に5歳児なのか。