40分

先日、ようやく私の休みが取れた。
土日も無くバタバタしていたので、平日だったが娘も休ませてゆっくりすることにした。


早朝、仕事に行くしげるさんを見送った後、起きた娘に呼ばれた。

それはいつものことである。
毎朝、起きたての娘と必ず布団でイチャイチャしないと、保育園に行かないのである。

しかしその日は休みにしたのである。

イチャイチャはそのまま2時間に及んだ。


1時間はかいけつゾロリの謎々ブックを二人でやった。



残りの時間は、娘の演説であった。

始まりは・・・・

娘「もしたまちゃんが死んだら、お母さんどうする?」

私「悲しくて死んじゃうかなあ」

娘「自殺はダメだよ。自殺したら地獄に行ってたまちゃんに会えないよ」(娘は幽霊とか妖怪マニア)

私「うーん、お母さんもお父さんも絶望で魂が口から抜けて、二人とも幽霊になってたまちゃんと一緒に楽しく過ごすかなあ」

娘「それならさ、素敵な森の中に村を作ろうよ」

そこから40分、ほぼノンストップで、娘の『素敵な村』の構想の話である。

私は時計を見て測った。だって本当にしゃべる続けるのである。

「その村にはいろんな幽霊たちがやってくるの」
「それでウチは家具屋さん、隣の人は農業で、野菜を作ったり、糸を紡いだりしてるの」
「その世界にはお金はないの。全部ブツブツ交換ね」
「それで隣の人が家具を欲しがったらうちが作るの。でもその代わり、食べ物をもらうの」
「どんどん大きな村になって、いろんな仕事があるの。でもお金はないんだよ」
なので
「大きな村なら、街にはならないの?」と聞きますと、
「街っていうと、工場とか、高いビルのイメージでしょ?街じゃないの。村なの。外にはいっぱい鳥がいて、庭にはニワトリ。餌をあげる」

まだまだ続く
「病院もあるの。病院に行くときも、お金ではなくて、ブツブツ交換。お医者さんに野菜を持って行ったり」
というので、私が「いや、病院だけは交換じゃなくて良いんじゃない?病気になりやすい人は大変になっちゃうよ」と言ったらそれは採用された。ああ、教育に関しても無償化を訴えるべきであった。忘れていた。

そして「そこに悪い人はいないの。独り占めする人もいない。最初悪かったとしても、みんなが優しいから悪い人も優しくなるの」

キング牧師とゲバラがアーミッシュな感じでイマジンである。

そんな話を40分喋り続け、私もちょいちょい話をして1時間が経ったのだ。


娘は時々「たまちゃんが大人になったら、朝起きたら魚を釣りに行って、自分で育てた米を炊いて、庭で育てた野菜を使って、お母さんに毎日刺身とかの美味しいご飯を作ってあげる」と言ってくれるのだが、どうやら娘はプリミティブな暮らしをしたいようである。

それから「たまちゃんは田舎に住みたい。車の通らないところがいい」とよく言っているので、静かなところが好きらしい。

私の教育かしらとも思うが、いやいや、私はネット配信の映画を見ながらグダグダ生活したいので、そんな殊勝な思想はないのだ。
でも庭にニワトリは欲しいな。
それに時々街で美味しい物を食べて美術館に行きたい。

美術館にも行けない時期がもう1年も続いている。
本当に、早く収束しますように。コロナ。

謹賀新年

 




今年もよろしくお願いします。


さてこの可愛いみかんちゃん達は、


こちら、マルマみかんちゃん 姉弟なのです。

このお仕事を依頼してくれた方が、こちらの会社にお勤めの方で、
お子さんと我が娘が同じ保育園というご縁。

娘が大好きな、二つ年上の男の子の、お母さん。

実は私は、そのお母さんが「素敵な方だなあ」と思い、
ナンパできないかと考えてから、1年以上。
ついにお茶を飲む(仕事で)、公園に行く(仕事で)、などの接近が成功しました。
ムフフ


そしてこんな素晴らしい記事を書いていただくに至りました。



画像をクリックすると、記事に飛びます。

横浜市青葉区の地域密着型のウェブメディア『森ノオト』
のライターもなさっている方と判明し、取材をしてくださるということに。




さて、みかんちゃんとみかんくんが存在するということは、試作で何人かこの世にミカンが生まれているということである。

全身ミカン色の方が可愛いか?と作ったこの子。

万人受けはしなさそうなので、我が家で育てることにしました。
娘が肌身離さず世話をしています。

「お母さん!ミカンちゃんがこんな所に登ってる!」
といろんな所に引っ掛けては私を呼びにくる。

もちろん顔を書いたのは娘である。

サンタよ

 娘     「サンタさんにお手紙書く!」

しげる氏  「良いなあ、お父さんには、サンタさんが来たことが一度もないよ」

娘     「・・・」







そして涙するバカ親2人

留守番

午後6時頃のことである。

車を移動する必要があり、娘を10分弱、留守番させる事にした。


その晩のメニューは『しゃけ寿司』。そろそろ電子炊飯器でご飯が炊けるかな〜というタイミングであった。


「お母さんは10分で戻るけど、ピンポンが鳴っても絶対に開けちゃダメだよ、」と言って私は家を出た。


帰って来た。

「お手伝いしておいたよ!」と娘が得意げに言う。


こ・・・これは・・・!!

すし飯を作ることを把握していた娘。

しかしすし飯の作り方は知らない。

3つのお茶碗にご飯をよそり、床に置いて、ただただ、扇いでいる!!!

ご飯が冷えているっっ!!!




お手伝いというのは、なかなか難しい。

しかしまあ、しゃけ寿司は美味しかったので良いのである。





鳥籠のバリアフリー化


我が家の文鳥、ブンブンは、ヒナの時に片足を骨折。
動物病院に行くも、治ることはなくて、脚が変形して飛べない。
まず立てないので、スムーズに歩くこともできない。
ピョンピョンと体で移動することは辛うじてできるので、家は狭いに越したことがない。


飛べなくても持ち前のマイペースさで今日まで生きてきたのであるが、もう8歳である。
他に文鳥が3羽いたのだが、彼らはすでに他界している。





さて、この鳥籠に8年住んでいたブンブンであるが、高齢のため水飲みにも苦労し始めた。
寒いしなあ、ブンブンの家のバリアフリーのための建て直しが必要である。

ちなみにこの鳥籠は、50年ほど前に私の祖父が趣味で作っていた和鳥用のカゴである。




さて、最新型のスマートホームができた。
大手工務店もびっくりな、ダンボールハウスである。

これに屋根(新聞紙)を一部載せれば出来上がり。片流れにしようか。


屋根がなくても飛び越えられないのでかまわないのだが、
寒さ対策と、鳥は天井がある場所に落ち着くので(空からの攻撃が怖いため)。


私は鳥専門のバリアフリー住宅の製作販売を展開しようかと思ったが、
とても狭い産業なのでやっぱりやめておく。

ブンブンは飼っていた文鳥の中で一番弱々しく、雄々しかった時期など一度もない。
でも一番長生きしているのだ。
このまま、永遠に生きそうな雰囲気すらある。







 

芸能界は忙しい

 数年前の初夢は、私の乗り込んだ飛行機にトムクルーズとビヨンセが乗りあわせていた、と言うものであった。


私の夢には有名人がよく登場するが、ここ数日、すごい頻度でいろんな人が出てくる。


・船上レストランで、水谷豊とトニーレオンと一緒にご飯を食べた

・久米宏が実兄という設定で、家族写真を撮った

・社会学者の宮台真司が意地悪な夫で、自分の分のいくら丼を作るくせに、私には何もくれなかった

・舞踊家の田中泯と、歌手のUAとその長男の4人で暮らしていた。この設定では、私はとても太った色白の女であった。


まだまだ色々あったのだが、今は思い出せない。

そんなこともあるのです

 去年の10月、私のやっていたイベントに来てくれた友人を、車で駅まで送り届ける途中でした。


私は赤信号で停車していました。

少しして、後ろからゴツンと追突されました。


全く怪我はなかったのですが、急に冷えてきて寒いし。

1日立ちっぱなしだったし、もうヘトヘト。


警察だ何だと処理が終わり、さあ、帰ろう、と思ったらエンジンがかからない。

バッテリーが上がったのだった・・・・・



という悲劇があったのですが、先週、車を駐車中にまたゴツンとやられました。

ただいま車の入院中。

かわいそうな車。本当にかわいそうだ。


毎年停車中の車にぶつけられるって聞いたことがない。


ちなみに、保険は10対0です。


ああ、もう今年が終わろうとしている。

私はどうすればいいのだ。仕事が終わらない。


仕事は終わらないのではなくて、終わらせてないだけだよ。

とか

オバマ大統領だってジョギングしている時間を取っているんだから、あなたのそれは怠けだよ

とか。


そうなのだ。オバマ大統領は、激務の中ジョギングする精神力があるからオバマ大統領なのだ。


トラブルマン

夜寝る前に、お布団で娘に絵本を読んであげます。
毎日。

でも絵本を読むという行為は、私の気持ちが安定していないとできません。

多分私も、外の仕事で他のお子さんに絵本を読むのであれば、なんとかできると思うのです。

でも布団に入って娘に本を読むことは、気持ちが波立っている限り無理なのです。
絵本の読み聞かせとは、多分、すごく純粋な愛情表現なのだと思います。


だから仕事の納期で切羽詰まっている時期や、しげるさんとのバトルが起きた時には、娘に「悪いけど今日は絵本はお休み」と言います。

そうすると大抵、娘はしくしく泣くのですが、泣かれてもできないものはできないのだ。



先日は娘自身が保育園で何やら『こと』を起こし、ああ、娘よ、なぜそんなことをするんだ、と私はがっくりしていた。
夕方、叱ったり諭したりしてみたが、私のがっくりは布団の中まで続いた。

娘に本を読んでやれないことを伝えたいが、叱った後なので、本を読まないことが「あてつけのため」とか「叱った一環で楽しみをとるあげる目的」と思われるととても好ましくないので、
「意地悪じゃないんだけどね、お母さんは今夜、本を読む気持ちになれないだ」と娘に伝えました。

そうすると娘が
「お母さん、お母さんが絵本を読めない時は、いつも意地悪のためじゃないって、たまちゃんは知ってるよ」
と言いました。


そうか。娘は、私が娘に意地悪をしないことを知っているのだ。
それがすごく感慨深かった。

空気を読まない

 寝ている娘があまりにも可愛いので、私はいつも、娘の表面の頭の先から爪先を取り巻く、もっとも娘に接している部分の空気になりたいと思うのである。


そんな可愛い娘の下瞼に、腫れ物ができた。

上目遣いにならない限りわからないような、小さな。


普通のものもらいと様子が違う。


大きな病気だったらどうしよう・・・

と土曜日の夜中から不安になった。

月曜日、満を持して眼科へ。


ものもらいの一種、霰粒腫(サンリュウシュ)なるできものであった。


その夜のことである。「自分にこんなのできても、気づきもしないや。化粧もしないし鏡も見ないし〜」と無法地帯の自分の顔を、久々に鏡で見た。

できている。娘と同じ右目の下瞼に、同じ出来物がっっっ!!!!

自分の目だと眼科に行くのも面倒なので、市販で目薬を買ったが、娘がお医者で処方してもらったステロイド系は市販では売っていないようだ。(ありがたいことに、横浜市では子供の医療費が無料!!)



さて、娘は本当に可愛いのだが、目薬を嫌がる。

毎日3回点さねばならないのに、一度点すのに20分。

「怖い気がする」「痛い気がする」「しみる気がする」と。

せっかちな私は腹が立った。本当に腹が立つ。麻酔銃で眠らせて目薬を点したいくらいである。


そして「あと10秒以内にささないなら絵本も無しだ!もう知らんわ!!」と娘と喧嘩別れをした。

それ以降、娘が「お父さんに目薬をさしてもらうと痛くない。お母さんがやると痛い」と言い出し、私を拒絶するようになったのだ。



ちなみに、私が「絵本は無し!」と言い放った夜。

娘は『学校の怪談』の本を1人で開いて目次を読みながら「ああ、たまちゃんは早くスラスラ自分で本を読めるようになりたいよ」と言いながら、拗ねていた。

かわいそうで結局『学校の怪談』を読んであげた。


しかし私はその日、娘の周りの空気には、なりたいと思わなかった。

卵のなる木

 

気がついたら、卵が木になっていた。

工作好きの子供が家庭にいると、こういう事態がよくある。
顔付き。